2014年01月16日

アイスホテルの新スイートルーム「氷のパリ」



仏パリのロマンスと、北極圏の荒野──一見、無縁のようにみえる二つの世界が、雪と氷でできた世界最大のホテル、スウェーデンの「アイスホテル」に新登場したスイートルームで一つになった。

フランスのデザイン・デュオ、レ・アトリエ・ド・ジェルメーヌが手掛けた1室「Up There」は、氷の壁に彫刻されたパリ・モンマルトルの街並みが印象的だ。

デザイナーのリュック・ボアザンとマチュー・ブリソンは「魔法の街、伝説の都市、ロマンチックな街、詩的な街、象徴的な街」といわれるパリをイメージし、芸術家のインスピレーションの源であり、また世界中から何十億人もの観光客が訪れる目的地であるパリを祝福したかったと話している。

このスイートルームは、スウェーデン北部のユッカスヤルヴィにある「アイスホテル」が特別設計した「アート・スイート」10室のうちの1室。「アイスホテル」今年で24年目。雪と氷でできているため毎年建て替えられている。

アイスホテルの詳細はこちら。 www.icehotel.com(英語)




posted by 和光丸 at 05:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。