2016年01月25日

タイで1人のMERS感染確認、数百人が接触の可能性



タイ保健省は24日、同国を訪れたオマーン人の男性(71)が中東呼吸器症候群(MERS)に感染していることを確認し、男性と接触した可能性のある数百人の行方を追跡していると発表した。タイでMERS感染が確認されたのは2例目。

同省の声明によると、この男性はオマーンで発熱したが、同国の医師らが対処できず、22日にタイに入国。「検査でMERS陽性反応が出た」ため、首都バンコクにある病院に隔離された。男性は「疲れているが、意識ははっきりしている」という。

当局は、男性と接触した可能性のある250人以上の行方を追跡してる。このうち37人はウイルスに感染している「可能性が高い」と同省は語ったが、詳細は明らかにしなかった。

タイで初めてMERSが確認された際の感染者もオマーン人の高齢の男性で、昨年6月に病院に収容されたが、治療後、ウイルス陰性が確認され数週間後に退院した。

韓国では昨年、MERS感染が拡大して36人が死亡し、国中がパニックに陥った。

タグ:タイ MERS

posted by 和光丸 at 12:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。