2016年04月03日

ブラジルで豚インフル流行、ジカ熱に加え新たな問題



ジカウイルスの感染が最も広がっているブラジルで、リオデジャネイロ五輪を数か月後に控え、新たな公衆衛生問題が起きている──豚インフルエンザ「H1N1」型の流行だ。

ブラジルでは2か月間以内にH1N1ウイルスへの感染で46人が死亡しており、保健省によると2015年1年間の死者数の10倍に達している。

8月の五輪の開催地となるリオデジャネイロでも、3月31日に保健当局が初の死者を報告した。

昨年1年間のブラジルにおけるH1N1ウイルスへの感染者は141人だったが、今年3月19日までに報告された感染者はすでに305人に上っている。うち260人(38人が死亡)はサンパウロ州で報告された。

ブラジルでは近年、気温が低くなる5〜7月ごろにH1N1ウイルスが現れるのが通常だった。だが今年は2月から感染が広がり、保健当局を驚かせている。




posted by 和光丸 at 06:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。