2016年04月21日

ベルギー自爆犯、現場の空港に5年間勤務 秘密の礼拝室も



ベルギーのフラマン語テレビ局VTMは20日、首都ブリュッセルで連続テロ事件を起こした自爆犯の1人ナジム・ラーシュラウイ容疑者が、現場となった空港で2012年まで5年間働いていたと報じた。

3月22日に起きた連続テロ事件では、ブリュッセル国際空港と地下鉄駅でラーシュラウイ容疑者ら3人が自爆し、32人が死亡した。

VTMによると、ラーシュラウイ容疑者は派遣会社を通じてブリュッセル国際空港で勤務していた。職種など詳細は不明。ただ、空港勤務者に対しては通常、職員バッジを交付する前に保安検査が行われるという。

ラーシュラウイ容疑者については既に、数年前に欧州議会で清掃員として短期間働いていたことが判明している。

VTMはまた、ブリュッセル国際空港内に秘密の礼拝室があり、「過激化した空港職員がひそかに集まって礼拝を行っていた」ことが事件直前に発覚していたとも報じた。空港は警察の求めに応じこの礼拝室を閉鎖したが、その後の捜査で「少なくとも50人の空港勤務者が過激化していた」ことが分かっているという。



タグ:ベルギー

posted by 和光丸 at 15:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。