2016年04月21日

習主席、連合作戦指揮センター「総指揮」に就任 迷彩服で視察



中国の習近平国家主席が、新設された連合作戦指揮センターの「総指揮」に就任したことが、中国国営メディアの報道から明らかになった。

新華社通信と中国中央テレビ局(CCTV)は20日、中央軍事委員会傘下の連合作戦指揮センターを習主席が視察したことを中国語と英語で報道。この中で、習主席について初めて「総指揮」の称号を用いた。

国家主席に加え、中国共産党総書記と中央軍事委員会主席の肩書も持つ習氏は、就任以来、党直属の人民解放軍における権限掌握を強めている。

新華社によると、習主席は連合作戦指揮センターを視察した際、軍には「完全なる忠誠」が求められ、「戦闘においては機略に優れ、効率的な指揮ができ、戦争に勝利できる勇気と能力がある」ことが必要だと語った。

今回の視察に当たり、習主席は迷彩服を着用している。階級章は確認できない。習主席はこれまで軍事パレードなど軍関係の公式行事では通常、黒か濃緑の人民服を着用していた。



タグ:習近平 中国

posted by 和光丸 at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。