2016年04月22日

リオで自転車道が崩落、2人死亡 五輪に合わせ建設



ブラジルのリオデジャネイロで21日、リオデジャネイロ五輪に向けた都市改善プロジェクトの一環として建設された高架式自転車道路の一部が崩落し、2人が死亡した。

自転車道路は、1260万ドル(約13億8000万円)をかけて建設され、1月に開通したばかり。南米初の五輪を8月に控えたリオデジャネイロとって新たな痛手となった。

崩落したのは海沿いの岸壁の上にかけられた部分で、市当局によれば、さらに1人が海に落ちて行方不明になっている可能性があり、ダイバーが捜索を続けている。

犠牲者の一人は54歳の男性で、遺族によれば崩落した道路でジョギングをしていたという。

市当局は、事故原因は現在も調査中だとしたうえで、自転車道路が「強力」な高波で押し上げられ崩落した可能性があると説明している。



タグ:ブラジル

posted by 和光丸 at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。