2016年04月22日

エクアドルでM6.0の余震 本震の死者587人に



米地質調査所(USGS)によると、16日にマグニチュード(M)7.8の地震に見舞われた南米エクアドルの沿岸近くで21日午後10時3分(日本時間22日午後0時3分)ごろ、M6.0の余震が発生した。

USGSによると、震源地はバイーア・デ・カラケスの北北西約33キロ、トサグアの北北西約58キロの地点。津波警報は出ていない。同地域で取材に当たるAFP記者らによると、現地では揺れが感じられたものの、けが人などの被害情報は入っていない。

16日の地震による死者は21日、587人に増加。負傷者は5733人となった。依然として多数が行方不明となっている。



タグ:エクアドル

posted by 和光丸 at 15:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。